第5回: TOEICリスニング対策におすすめする、たった1つの本と勉強法

3ヶ月でTOEICスコアを200点上げる勉強法

——————————————————————————————
【Update】
2020/2/1 公式問題集の最新刊 『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6』 を追記しました。
2019/12/3 公式問題集の最新刊 『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 5』 を追記しました。
2018/10/27 中村澄子先生の最新リスニングテキスト(10/25発売)を追加しました。
——————————————————————————————

今回はリスニングについての投稿です。
お伝えしたい内容は、以下の2点です。

  • リスニングに使う問題集は、『公式問題集』だけでOK!
  • ただし、『公式問題集』の使い方を知るためのテキストが必要!
スポンサーリンク

Podcastで海外ニュースは無駄が多すぎた

当初、私はリスニング対策としてPodcast等で海外のニュースを聞いていました。
使っていたのはCNN Student News, VOA, NPRの3つです。

それぞれ非常に良いサービスです。
しかし、第2回の投稿でお伝えした通りこれらはTOEIC対策には向いていません。

海外ニュースをリスニングに使うことの一番大きな問題は何か。
それは「英語ではない部分」が分からないせいで、英語の意味が取れなくなってしまうことです。
具体的には、その国の文化、政治、宗教等が分からないことによるものです。

個人的に海外の文化に触れることが好きなので、私にとってこれらを確認しながら勉強するのは楽しい時間です。
ただし、TOEIC対策としてはあまりにも遠回りでした。

実は『公式問題集』だけでよかった

勉強方法に悩んでいたころに、あるサイトを見つけました。
フィリピンで語学学校を運営されている方のまとめです。
“1000時間リスニング”の学習法紹介

そして、そこで紹介されていた中村澄子先生の『リスニングの鉄則』という本を読みました。
そこには、どのように『公式問題集』を使って勉強すればいいのかパート毎にまとめられています。

※中村澄子先生のリスニングテキストは、現在こちらが最新です。

そして、TOEIC対策に必要な問題集は『公式問題集』だけでよかったのです。

現在、新形式対応の公式問題集は以下の本が発売されています。
新形式対応の公式問題集を新しい順にリンクを貼っておきますね。

created by Rinker
¥3,300(2020/09/27 10:22:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,300(2020/09/26 18:34:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,080(2020/09/26 18:34:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,080(2020/09/26 18:34:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,080(2020/09/26 18:42:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,080(2020/09/27 10:22:50時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

海外ニュースを使ったリスニングの勉強は、TOEIC対策としては無駄が多くスコアに反映されるまでに時間がかかり過ぎます。

勉強に使うのは、テキスト『リスニングの鉄則』、問題集『公式問題集』のみです。

その代わり、徹底的に聞いてください。
聞き取れない音があれば、なぜ聞き取れないのかを分析します。

・そもそも単語を知らないのか
・消音(リエゾン)に馴染んでいないのか
・WhenとWhereを聞き間違える癖があるのか

人により原因はそれぞれ異なります。
聞き取れない原因を特定したら、聞き取れるようになるまで何度も何度も聞きましょう。

もっと言えばリスニングについては『公式問題集』以外に手を出すことは危険です。
変な癖がついてしまい、TOEICのスコアが下がることがあるためです。

私はリスニングのスコアが460ありますが、これ以外の本は使っていません。
ご安心下さい。

次回は「リーディング」の勉強法をまとめますね^^

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はOculusQuestにハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント