その他

グロービス「ビジネス・アナリティクス(旧ビジネス定量分析)」がめっちゃオススメ!

その他

初めてグロービス・マネジメント・スクールの講座を受けました。科目は「ビジネス・アナリティクス(*1)」!
これがめっちゃ良かったんです!紹介させてください!!

*1 ぼくが受講した時は、「ビジネス定量分析」という名前の講義でした。ただ、今は「ビジネス・アナリティクス」という名前に変わっているので、この投稿では「ビジネス・アナリティクス」で表記を統一しますね。

スポンサーリンク

「ビジネス・アナリティクス」の講座について

難しい統計分析を行うのではなく、数字をどのように意思決定に使うかを学びます。
講義は全6回(隔週/3ヶ月)で、1回の講義は3時間です。

詳しくはグロービスのサイトでご確認を!

https://gms.globis.co.jp/curriculum/ban/

グロービスの講義の特徴

以下は「ビジネス・アナリティクス」に限らず、他の講座でも共通するグロービスの特徴です。

予習が必須

各回には事前課題が設けられていて、講義までにその課題に取り組み、自分の考えをレポートにまとめたうえで講義に向かいます。

ディスカッション中心の講義

講義では、予習で取り組んだ課題の内容について、受講生同士でディスカッションをとおして理解を深めていきます。その上で講師から考え方を教わります。

講義で学んだこと

定量分析の一連のプロセスを学ぶことができました!
詳しくは講義のネタバレになるので書けないけど、
データが手元に届く前の考え方も、届いてからの手順も、我流の分析で足りなかった部分を学ぶことができて大満足!

定量分析のスキルとして、以下を学びました!

グラフ化

こんなグラフは初めて作りました。

  • ウォーターフォールチャート
  • パレートチャート
  • 散布図

分析手法

以下の手法は初めて実践しました。

  • モデル化
  • 感度分析
  • 単回帰分析
  • 重回帰分析

受講して感じたこと

他の受講生からの刺激がいっぱい

受講生は別々の会社から集まった30人。
年齢は30代半ばが多く、役職を見ると主任~課長が多かったです。
同じ会社から来てた人は最大で1社3人。色んな会社、部署の人と会うとこができたのが楽しかったです。
もちろん若手の人もいましたよ!

バックグラウンドが違う人の考え方の面白さ

会社も部署といったバックグラウンドが違うので、同じテーマを学ぶときでも、人によって捉え方や気付きが異なります。
ディスカッションをしているときに「なるほど、確かにそういう視点もあるなー!」って新しい考え方を知ることができました。
こういうのがビジネススクールの良さだな、って感じました。

自信を持つことができた

正直、講座が始まる前は「周りの人についていけるんやろか…?」とめっちゃ不安でした。
ただ、始まってみるとちゃんと議論についていけたし、時には「お!」と思ってもらえるような角度からの発言もできた。
上に書いた異なるバックグラウンドとして、自分にも自分なりの強みなる視点があるんだな、って気が付くことができたのが大きい収穫です。

講座で使ったテキスト

ビジネス・アナリティクスの講座では、『定量分析の教科書: ビジネス数字力養成講座』というテキストを使いました。
講師は買っても買わなくても、どちらでもOKと言っていました。
私は購入して読んだ上で講座に参加すると理解がぐっと深まりましたので、購入することをおすすめします!
また、これを読めば講義で扱う領域はほぼカバーできるので、どうしても講義を受ける時間が確保できない、という方はテキストで勉強するのもいいかも。

どうやって仕事に活かすか

データ分析をするときは手元のデータの全体像(トレンド、ばらつき等)をしっかり整理する必要があるなぁ、と。
このあたりを関係者にも理解してもらって工数確保することが課題ですね。

もっと成長するために

ビジネス・アナリティクスの講座で各事前課題と取り組み受講生とディスカッションする中で
自分の足りない部分も気が付くことができました。
課題のケース(問題文) を読んで方、全体の枠組を作るのにめっちゃ時間がかかっていたんです。
成果物のレベルも、一部の受講生と比較してイマイチ。

上手に進めている受講生に聞くと、この部分はどうもグロービスで一番人気の「クリティカルシンキング」の講座で学ぶことができるようです!
なんてこった!仕事が落ち着いたら「クリティカルシンキング」の講座も受けてみようと思いまーす!

ということで、グロービスのビジネス・アナリティクス、おすすめです!

https://gms.globis.co.jp/curriculum/ban/

■統計に関する書籍、映画、TED動画はこちらの記事をどうぞ

『仕事で数字を使うって、こういうことです。 』経験と勘による判断から抜け出せない方におすすめ
数字が大事なのはわかるけど、やっぱり苦手。 数式を見ると拒絶反応が… という方におすすめの本を見つけました! この本では、 平均の罠 数字のバラツキ 2つの数字の相関 割合での考え方 プレゼンでの数字の使い方 ...
【映画】統計×野球=マネーボール。野球界の常識を覆した話。
野球の世界に初めて統計学の考え方を持ち込み、低予算で運営される弱小チームを勝利に導いたサクセスストーリー!なんと実話がもとになってます!!統計の勉強をしてから観ると3倍楽しめますよー!
『FACTFULNESS』の著者、ハンス・ロスリングのTED動画まとめ
『FACTFULNESS』の著者、ハンス・ロスリング。2017年に亡くなられているのですが、生前にTEDでいくつかプレゼンをされていています。 そして、その内容が素晴らしいんです!どのプレゼンも、「データを基に正しく世界を理解する」というFACTFULNESSのコンセプトがしっかりと詰まっています。
The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はVRゴーグルのOculus Questを使った室内運動にハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント

  1. しかまろ より:

    はじめまして。受講を検討しているものです

    先生はどなたでしたか? またよろしければその感想もおきかせていただきたいです

    最近はオンラインクラスが多いですが
    本科目はオンラインでもうまく議論や学びが出来そうでしょうか?
    図とかグラフとか使うなら、リアルの方がいいのかなと思っていたり

    是非先輩の率直なご意見をいただきたいです

    • ぐっちー より:

      >しかまろさん

      はじめまして。コメントありがとうございました!

      講師は大阪でビジネスアナリティクスの講座を担当されていた方でした!
      しかし、お名前失念してしまいました。。
      今のGobisの講師一覧を確認しても、その方がいらっしゃらないですね。もしかしたら辞めてしまったのかもしれないです。
      https://gms.globis.co.jp/curriculum/ban/faculty.html

      名前がわからない中で恐縮ですが、とても素晴らしい講師だと感じました。
      グロービスの講義は講師と受講生の双方向のコミュニケーションを大切にしているように感じました。
      そうなると、おそらく講師が当初想定していなかった発言が出てきたり、すると思うんです。
      議論が逸れ初めたときなどもしっかりとハンドリングしながら進めてくださったなぁ、と感じています。

      オンライン受講については経験がないためコメントが難しいですね。。
      図やグラフはオンラインでも問題ないように思います。受講生同士のつながりや、ディスカッションがリアルに比べると薄くなってしまうかもしれないなぁ、と思いました。
      ただ、グロービスであればこのあたりもうまく対応してくださっていると信じています。

      参考までに、別の講座の話になってしまいますが、先日知人がクリティカルシンキングの講座をオンラインで受講して、大満足と言っていました。
      その知人はリアルで講座を受講したことがないので比較はできていませんが、オンラインでも満足度は高そうでしたよ!

      お役に立ちましたら幸いです。

      • しかまろ より:

        ぐっちーさん、ご丁寧にありがとうございます。
        私は東京で受けているのでまた講師は違うのかもしれませんね

        ビジアナ、受けられた方からは評判いいですね
        グリシンをだーいぶまえにですがGMSで受けたので単科ではビジアナにしようかなと思っております。