VR

Pistol Whip(ピストルウィップ) が難しい!と思ったときに設定すべき4つのオプション

VR

リズムゲーム×ガンシューティングのPistol Whip(ピストルウィップ)。
すごく楽しいゲームなんですが、ゲームに慣れるまでは操作が結構難しいですよね!

そこで今回は、ストレスなく練習できるようにおすすめの設定を紹介します!

スポンサーリンク

おすすめの設定紹介

Pistol Whip(ピストルウィップ)が難しい!と思ったときにおすすめの設定は次の4つです!

    ①NO FAIL → ゲームオーバーにならなくなる
    ②DUAL WIELD → 二丁拳銃モードになる
    ③INFINITE AMMO → 弾が無制限になる
    ④UNARMED FOES → 敵が攻撃してこなくなるそれぞれ詳しく説明してきますね!

    【設定1】NO FAIL

    NO FAILは無敵モードみたいもの!
    設定をONにすると、敵の弾に当たったり柱にぶつかったりしてもゲームオーバーにならなくなります!
    始めたての頃はPistol Whip(ピストルウィップ) の操作に慣れるために設定をおすすめします!

    【設定2】DUAL WIELD

    DUAL WIELDは二丁拳銃モード!
    設定をONにすると、二丁拳銃モードになり両手を使って拳銃を打つことができるようになります。
    個人的には二丁拳銃の方が使いやすいです。ただ、二丁拳銃モードは混乱して使いにくいと言う人もいるので、試しに設定をオンにして使いやすいかどうか試してみるといいと思います!

    【設定3】INFINITE AMMO

    INFINITE AMMOは弾が無限モードに!
    設定をONにすると、拳銃の弾をリロード(補充)する必要がなくなり、無制限に撃てるようになります!
    リロードって結構大変なので、ゲームに慣れるまでは設定をオンにしておくといいですよ!

    【設定4】UNARMED FOES

    UNARMED FOESは敵が無力化!
    設定をONにすると、敵が攻撃してこなくなります。この状態だと敵を見るたびに「お前は一体何をするために出てきたんだ??」と言う妙な気持ちになります(笑)
    こちらも最初の数回は設定しておくと落ち着いてゲームの操作練習ができるようになります。

    全部設定をONにしたときの画面

    全部設定をONにすると、画面はこんな風になります。

    二丁拳銃の弾数がと表示されるのがかっこいいです!
    弾は打ち放題で敵からのダメージもありません。ノンストレス!

    設定時の注意点

    ここで紹介した設定は、どれもゲームの難易度を下げることになるため、得られるスコアのポイントが下がってしまいます。
    例えばNO FAILの設定の下には赤字で-50%という注意書きがあります。これはこの設定をオンにするとスコアが通常の半分になるという意味です。
    ただ、ゲームを始めたばかりの頃は、ハイスコアを狙うよりもまずはゲームに慣れることに集中した方がいいので、気にせず設定してしまいましょう!
    ちなみに、各種設定をオンにした後のスコア補正率は、SETTINGS画面の下段中央に大きく表示されています。4つ全部設定すると通常と比べて20%しかスコアが入りません。でも気にしないー。

    おすすめの設定順

    ぼくがおすすめする設定順は次の3ステップです。
    各ステップで1、2回プレイしてみて次のステップに進んでみてください。次のステップが難しすぎたら、元のステップに戻って練習すればOKです!

    まずは4つ全部の設定をONにしてプレイ

    このフェーズではとにかくゲームに慣れることが目的です。
    どうやって弾を撃つのか、どんなタイミングで敵は出てくるのか、画面に表示されているアイコンは何を意味しているのか?

    次にUNARMED FOESの設定を解除してプレイ

    敵に攻撃させてみます。でも、弾が当たってもゲームオーバーにならないので安心してプレイしてください。
    敵の弾はゆっくり飛んできますよね。敵はどこを狙って弾を撃ってくるのか、敵の弾を避けながら攻撃するにはどうすればいいか、など少しずつでいいのでコツを掴んていきましょう。

    更にINFINITE AMMOの設定を解除してプレイ

    次にリロード(補充)の練習です。さっと銃を下に向けると銃弾がリロード(補充)されます。
    弾を撃つタイミングとリロードのタイミングはどう切り替えるとよいか、敵の弾を避けながらリロードするにはどう動けばいいのか、など練習してみましょう。

    最後にNO FAILの設定も解除してプレイ

    さて、いよいよ本番です。今度は敵の弾に当たるとシールドが壊れますし、ゲームオーバーにもなります。
    弾をしっかり避けながらこちらが攻撃するにはどうすればいいのか、シールドを回復させるにはどうすればいいのか、今までの練習の成果を試してみましょう!

    練習しながらゆっくりコツを掴んでいきましょう!

    Pistol Whip(ピストルウィップ) って他のリズムゲームと比べて難しいなって感じました。
    FitXRと違ってゲームオーバーになってしまいますし、ビートセイバーと違って敵が攻撃をしてきますし。
    すぐにゲームオーバーになっちゃうとなかなか上達しないので、まずはここで紹介した設定をONにして練習しながら、ゆっくりコツを掴んでいきましょう!

    (おまけ)Oclus Quest 2(オキュラスクエスト2)の汗対策

    Oculus Quest2で運動ゲームをするとめっちゃ汗をかきます!
    Pistol Whip(ピストルウィップ)も油断すると敵の弾がたくさん飛んできて、スクワット地獄を味わうことになりますよね(笑)

    何も対策をしないままだと付属のクッションが汗を吸い込んでしまい不衛生。
    そこでシリコンカバーを使うことをおすすめします!!

    ぼくが使っているのはこちらシリコンカバーです。(Oculus Quest1用ですが、2をレンタルした友人が2でも使えたと教えてくれました。)

    Oculus Quest 2用として発売されているシリコンカバーはこちら。

    さらに、ぼくはシリコンが直接顔につくとキュッキュする感じが苦手なので、ニンジャマスクという衛生布のマスクも併用しています。

    ニンジャマスクは本当は使い捨てらしいですが、気にせず同じマスクをずっと使っています。

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はVRゴーグルのOculus Questを使った室内運動にハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント