VR

Pistol Whip(ピストルウィップ) のスコアリングの仕組みと、ハイスコアを目指すために設定すべきオプション

VR

リズムゲーム×ガンシューティングのPistol Whip(ピストルウィップ)。
敵の弾を避けるためにたくさんしゃがむ必要があって、仲間内ではスクワットゲームと呼んでいます(笑)

このゲーム最初は難しいですが、慣れてくるとだんだんハイスコアを目指したくなってきますよね!
この記事では、Pistol Whip(ピストルウィップ) のスコアリングの仕組みと、ハイスコアを目指すために設定すべきオプションを紹介します!

スポンサーリンク

Pistol Whip(ピストルウィップ) のスコアリングの仕組み

Pistol Whip(ピストルウィップ) では、弾が敵に当たったときに以下の2つの指標が測定され、それぞれ最大100点、合計で1発あたり最大200点のスコアを得ることができます。

  • ACCURACY: 正確さ
  • ON BEAT: リズムの良さ

1つずつ具体的に説明していきますね。

ACCURACY: 正確さ

「ACCURACY: 正確さ」は、敵の体のどこの部分に弾が当たったかで測定されます。
感覚的には敵の胸の真ん中辺りに当たると高いスコアが出ているように思います。
なので、ここでのコツは敵の体の中心を狙って打つ!ことです!

ON BEAT: リズムの良さ

「ON BEAT: リズムの良さ」は、敵に弾を打つタイミングがどれだけ曲のリズムに合っているかで測定されます。
言葉では説明しにくいですが、曲のテンポに合わせて「バンッ!、バンッ!」と弾を打つと高いスコアが出ます。
なので、ここでのコツは曲のリズムに合わせて敵を倒す!ことです!

コンボでスコアの倍数をかせぐ

上記の2つでスコアが測定されますが、さらにコンポを続けるとスコアに倍数をかけた数字を得ることができます!
画面の右側に表示されている「✕1」の数字が倍数です。最大で「✕8」まで上がりますよ!

ということで、スコアリングの仕組みを踏まえると、ハイスコアを目指すコツは以下の3つです!

  • 敵の体の中心を狙って打つ!
  • 曲のリズムに合わせて敵を倒す!
  • 上の2つをできる限りミスなく続ける

Pistol Whip(ピストルウィップ) でハイスコアを出すための設定

さて、基本のコツを身に付けたら設定を変更して、スコアアップの補正で更にハイスコアを目指しましょう!
ビートセイバーでいう「Faster Song」とか「Dissapearing Arrows」の設定をONにしてスコアアップを目指すのと同じですねー。

Pistol Whip(ピストルウィップ) でスコアがプラスに補正されるのは次の3つのオプションです!

  • Disorder: 敵のボディアーマー変更
  • Vengeance: 敵からの反撃
  • DeadEye: 照準補正なし

こちらもそれぞれ具体的に説明していきます!

Disorder: 敵のボディアーマー変更

Disorderの設定をオンにすると、敵のボディアーマーがランダムで変更されるようになります。
そしてスコアに+5%!の補正がかかります。
敵がボディアーマーを装着していると倒すまでに必要な弾の数が増えるので、結果として更にスコアが上がるということになります。

Vengeance: 敵からの反撃

Vengeanceの設定をオンにすると、敵に弾を当てると自動で弾を打ち返してくるようになります!
そしてスコアに+10%!の補正がかかります。
ただ、この設定をオンにするとかなり難易度が上がるので注意が必要です。ぼくはまだVengeanceをオンにしてステージクリアができません。。

DeadEye: 照準補正なし

DeadEyeの設定をオンにすると、敵に向けて弾を打つときの自動補正が解除されます。
そしてスコアに+25%!の補正がかかります。
Pistol Whip(ピストルウィップ)ってデフォルトの設定だと敵の近くを狙っていれば、自動補正が効いて当たりに判定してくれるんです。

でも、このDeadEyeをオンにすると、その自動補正が解除されます。
一度試してみてください。ぼくはどれだけ補正に助けられていたか痛感しました。弾、当たらんがな…
ということで、これも上級者向けの設定です!可能な方だけオンにしてみましょう!

ぐっちーのおすすめ設定

ぼくのおすすめ設定は以下の順に設定していくことです。
まずはDisorderのみオン。
慣れてきたらVengeanceもオン。
最後にDeadEyeをオンです。

DisorderとVengeanceをオンにすると115.5%の補正がかかります。
これをクリアできるようになりたい!

全てのスコアアップ補正の設定をオンにすると

ちなみに、ここで紹介した全てのスコアアップ補正の設定をオンにすると、144.5%の補正がかかります!
通常は最大スコアが200なので、これが最大289になるということですね。(200✕1.445=289)
ワールドランキングの上位者は3つとも有効にされてるんですよね。
トップクラスは次元が違うな…(遠い目)

仕組みを理解して、設定変更でハイスコアを目指そう!

ここで紹介したスコアリングの仕組みを理解して、さらに設定変更でハイスコアを目指してみましょう!
Aランクの結果が取れると嬉しいですよ!!

(おまけ)Oclus Quest 2(オキュラスクエスト2)の汗対策

Pistol Whip(ピストルウィップ)をプレイしていると、めっちゃ汗をかきますよね!!
何も対策をしないままだと付属のクッションが汗を吸い込んでしまい不衛生。
そこでシリコンカバーを使うことをおすすめします!!

ぼくが使っているのはこちらシリコンカバーです。(Oculus Quest1用ですが、2をレンタルした友人が2でも使えたと教えてくれました。)

Oculus Quest 2用として発売されているシリコンカバーはこちら。

さらに、ぼくはシリコンが直接顔につくとキュッキュする感じが苦手なので、ニンジャマスクという衛生布のマスクも併用しています。
ニンジャマスクは本当は使い捨てらしいですが、気にせず同じマスクをずっと使っています。20枚入りで十分ですよ!

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はVRゴーグルのOculus Questを使った室内運動にハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント