SDGsカードゲームの振り返りで考えたこと

その他

前日SDGsカードゲームのイベントに参加してきました!
イベントについてはこちらで紹介しています。

SDGsカードゲームのイベントに参加してきました!
SDGsって知ってます?名前ぐらいは聞いたことある、っていう人がほとんどだと思います。ぼくはSDGsに興味はあったけれど詳しくは全然知らない状態でした。そんなとき、ちょうど楽しくゲームでSDGsを学べるイベントにご招待いただいたので参加してきました!!めっちゃ楽しかったので内容などをシェアします!

カードゲームの後に振り返りの時間があるんですが、そこで考えたことがとっても大事な気付きだったと思うので記録しておきます。

ぼくがゲームを振り返って、自分の人生においても大切だと感じたことは次の3つ。

  • 自分のゴールを明確にしておくことが重要
  • 時は金なり、というかきっと「時はお金以上に大事」
  • 一呼吸おいて目標に対する進捗確認することは必須

それぞれ、具体的にはこんなことを考えていました。

自分のゴールを明確にしておくことが重要

ゲームの中で、自分のゴールを達成したら、周りの状況に気を配ることができるようになった体感がありました。
でも自分の人生を見てみると、明確なゴールなんて決まってないな、と気が付いたんです。

例えば年収だったら、あなたの理想の年収ってどれぐらいですか?
800万?1,000万?3,000万?
お金ってないよりある方がいいし、あればあるほどいい気がする。
だからこそ、油断すると「もっと、もっと」が終わらず、稼ぐために頑張り続けてしまう。
それじゃあ周りの状況は見えないまま終わってしまいますよね。

本当はどこかに満足できるラインがあって、それ以上は過剰なんです。そして、過剰なお金を稼ぐために使っている時間や労力を別のことに振り替えた方が、個人としても人生トータルの満足度は上がるし、周囲も幸せになる。
だから、いったいぐらいお金があれば自分は満足するか?これをある程度明確にしておくことで、自分の気持ちの整理ができるようになるんだろうなー、と。

このことは、お金の話だけじゃなくて、子供に対する教育とか、自分の健康管理とか、色んな分野で考えておく方がいいと思いました。

時は金なり、というかきっと「時はお金以上に大事」

時は金なりっていう言葉があるけれど、きっと時間はお金以上に大事
なぜなら時間はどうやっても巻き戻すことができないし、増やすこともできないから。生産性を上げてこれから残っている時間を効率的に使うことはできても、残り時間が足りなくなったらどうしようもない。

個人に置き換えた時に思い浮かんだのは年齢。何かを始めるのに遅すぎるなんてことはない。
とはいえ、やりたいことの応募条件に年齢があるなら、その年齢を過ぎてしまったらどんなに頑張ったって応募することはできない。身近な例だとワーキングホリデーはだいたいどの国も30歳までが対象だったりするし。

一呼吸おいて目標に対する進捗確認することは必須

これはカードゲーム中の中間発表のときに強く感じたこと。
あの時間があったから、参加者は世界の状況を落ち着いて整理できたし、そこからゴールに向かって何が必要かも理解できた。そこから一気に軌道修正が図られて、バランスの取れた世界に発展させることができた。

こんなふうに、少し時間を取って自分と周りの状況を見渡して、軌道修正が必要かどうか見極めないとダメですよねー。
ぼくは目標を決めたらゴール(だと思っている場所)に向かって一直線に「おりゃー!!」と進めてしまうタイプなので、これはほんと気を付けないといけないと反省。

ひどいときは、目標を達成した後に「あれ?なんでこれに取り組んでたんだっけ?」とか思うこともあるぐらい(笑)

SDGsのイベント開催予定

ゲームに参加して、このような気付きがありました。
SDGsのことだけじゃなくて、自分の人生のことを考える時間にもなったので大満足です!

SDGs関係のイベント開催予定は、このサイトにまとまっていますので、ぜひ一度確認してみてくださーい!

イベント開催スケジュール | 一般社団法人イマココラボ
2030年の世界を作るカードゲーム「2030 SDGs」の直近の開催予定です。
The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント