書評・動画レビュー

【TED】自分にとって大切なことがもっと上達する方法

書評・動画レビュー

時間をかけて一生懸命頑張っているのになかなか成果が上がらないことってありませんか?

  • 毎日英語の勉強をしているのになかなかTOEICのスコアが上がらない
  • 毎日営業をがんばっているのになかなか成約につながらない
  • 毎日ブログを書いているのになかなかアクセス数がアップしない

そんな方は、一度立ち止まって自分のやり方を見直すことが必要かも
参考になる動画を紹介します!

スポンサーリンク

自分にとって大切なことがもっと上達する方法

今回紹介するのはTED日本語の「自分にとって大切なことがもっと上達する方法」11分22秒の動画です。

TED日本語 - エドアルド・ブリセーニョ: 自分にとって大切なことがもっと上達する方法 | デジタルキャスト
一生懸命しているのに上達しないことありませんか?それはあなただけの問題ではありません。教育者のエドアルド・ブリセーニョは仕事であれ、子育てであれ、創造的な趣味であれ、あなたがすることをもっと良くするシンプルな方法を公開します。彼が提案する効果的な方法にならえば、学習し続け、常に進歩していると感じることができるはずです。

英語のスピーチですが、日本語の字幕も表示できますし、サイトには日本語のスクリプトも載っています!英語が苦手な方も安心して見てくださいね。

一番興味を持った内容

ぼくが一番興味を持った内容は、学習領域で効果的なトレーニング方法として紹介されていた限界練習の話です。

例として、パソコンのタイピングの練習するときに、「仮に毎日10~20分間、今のスピードより10~20%速く入力することに十分に集中したなら、もっと速くなるでしょう。特に何を間違えるのかを特定し、それらの単語のタイピング練習をすればです。」という言葉がありました。
これを聞いたとき、「これはまさに自分がやってみて、効果があったことだ!!」と思ったんです。

高校生の頃、タイピングのスピードを上げたくて毎日タイピングの練習をしていたんですよね。そのとき、右手の小指の動きが悪いとか、自分の苦手なところを意識しながらタイピングに励んでいました。その結果、ワープロ検定圏外からワープロ検定1級レベルへと、めちゃくちゃタイピングの速度が上がりました!「ワープロ検定」という言葉が時代を感じさせますねー(笑)

2つの領域を行き来しよう

動画でも紹介があったとおり、優れたパフォーマンスを発揮する人は2つの領域を計画的に切り替えています。ラーニングゾーンパフォーマンスゾーンですね。

ラーニングゾーンの目的は、上達することです。
一方パフォーマンスゾーンの目的は、今のベストを尽くして、物事を実践することです。

もし、あなたが毎日一生懸命時間をかけていることの内容が、すべてパフォーマンスゾーンに該当することだったとしたら、一度立ち止まって、ラーニングゾーンの内容取り組む必要がありそうです!

今まで実践してきたことを振り返り、限界練習を採用する領域を特定して、それを克服するために新たしい手法を学んで取り組む。
そのトレーニングが終わった後にパフォーマンスゾーンに戻ってきたら、きっと成果がアップしますよね!
ぜひチャレンジしてみてください!

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はOculusQuestにハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント