まだ普通のシャーペン使ってるの!? TOEIC(R) L&Rにおすすめのシャーペン一覧

3ヶ月でTOEICスコアを200点上げる勉強法

TOEIC(R)L&R の勉強に取り組まれている方へ。まさか普通のシャーペンを使ってマークシートを塗り潰してないですよね?

そうですね。マークシート用シャーペンを使うのは当然です。

では、お手元の「ぺん○る」や「コ○ヨ」以外のシャーペンを探してみたことはありますか??実は、まだまだ他にもあるんですよ。
ということで、今回はTOEIC(R)L&Rにおすすめのシャーペンを紹介します!

太いシャーペンの威力

さて、早速ですが普通のシャーペン芯の太さはご存知ですか?
正解は0.5mmです。

一方、TOEIC(R) L&R試験は200問です。なので、あなたは当然試験時間中に200個のマークを塗りつぶす必要があります。たとえ時間が足りなくても、とりあえず「色塗り」で最終問題までマークはしますから。

では、もしシャーペンの芯が1.0mmになったらどうなるでしょうか?理論上は、マークシートを塗り潰す時間は半分で済むことになります。

では、2.0mmになったら??

もうお分かりの通り、シャーペンを替えるだけで、マークに必要な時間は減り、その分回答を考える時間が増えます。

つまり、シャーペンを替えるだけでスコアがアップするんです!!

おすすめのシャーペン

では、私がオススメするTOEIC(R)L&Rに向いているシャーペンを紹介していきます!

[1.3mm] 定番のマークシート用

まずは、定番のマークシート用シャーペンから見ていきましょう!この2本が有名です。

この時点で、既に芯の太さは1.3mm。通常(0.5mm)の2.6倍です!!
この定番商品何が良いかっていうと、価格の安さと、購入しやすさ。この点がダントツでNo.1です。パッと文房具屋さんに入れば置いてあります。なので、もし試験当日に「あ、太いシャーペン忘れた!!」と気が付いたら、試験会場までにある文房具屋さんに飛び込んで、このシャーペンを買って下さい。

[1.3mm] 持ち手も太いシャーペン

芯の太さは先ほど紹介した定番商品と同じ1.3mmです。ただ違うのはシャーペンの本体が太いこと。太めの方が手が疲れにくくて好き、という方はこちらを使ってみて下さい。

[2.0mm] 真打ちのシャーペン

さぁ、真打の登場です!芯の太さはなんと2.0mm!通常の4倍の太さです!!単純計算で、4倍の速さでマークシートを塗りつぶしていくことができます。
しかもすごいのが、Amazonで買うと定価が¥1,296のところ、¥509(39%)OFFの¥787で買えちゃいます!そして配送無料!!(価格は2017.10.31時点の情報です。)

これが一番オススメのシャーペンです!

まとめ

シャーペンはTOEIC(R)L&Rで一番大切な道具です。プロ野球選手がバットにこだわるるように、徹底的にこだわりましょう!!
この記事があなたのスコアアップに少しでもお役に立てれば嬉しいです!

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント