書評・動画レビュー

インドについて知るためのおすすめ本3選!

書評・動画レビュー

インドのことを調べてみようといくつか本を読みました。
しっかりとした事情を知るには、日本にいながらインドことを書いている人の本でなく、
インドに駐在していた人の本の方がずっといいだろうと考えました。
きっとリアルで濃い情報が書かれているはず。

インド駐在の経験がある方が書いているなかで、おすすめの3冊を紹介します!

スポンサーリンク

おすすめのインド本3冊

インドのことを知るにはこの本がおすすめです。

インドのことがマンガで3時間でわかる本

最新情報とは言えない本(2015年2月出版)ですが、インドの概要をざーっと知るという意味ですごくおすすめです。
マンガなので取っつきやすく、本当に3時間で読み終えることができました。

最後の超大国インド

インドの大使を務めた方の本です。マンガで3時間でわかる本と同じように広い範囲について書かれています。
そして内容がもっと詳しく、詳細です。
元大使ということもあり、日本からインドへのODAなど政治的な関係も書いてあり勉強になりました!

インド・シフト

インドITの今がわかる本です。
著者はソニー・インディア・ソフトウェア・センターの責任者としてバンガロールに約7年駐在された方。
この本を読むまでは、インドは確かにIT大国だけど、各国からシステム開発の外注を請け負ってるだけなんだと思っていました。
実際は全然違うようです。ITが専門なので一番勉強になりました。

書籍で学ぶってどうなのか?

書籍で国を学ぶことに対して、ちょっとマイナスのイメージもあったんですよね。
1つは時代遅れの情報ではないか?ということ。
これに対しては、『最後の超大国インド』は2017/6/22出版、『インド・シフト』は2018/2/20出版。
出版から2年以内の本を選ぶことで最新情報を入手可能だと判断しました。

もう1つが、ブログの方がリアルな情報がまとまるのではないか?ということ。
ブログでも調べてみようとしたのですが、まずインド在住の日本人が書いているブログがほとんどない!
あと、体系立てて調べるときはブログよりも本の方がいいですね。
ブログはインドでの生活感を知るのによさそうだな、と思いながら読みました。

駐在経験は強い

本を読んでわかりましたが、やっぱり駐在経験のある方の本は深みがあります。
現地で実際に体験したことをベースに書いてあるので、どの本からも多くの学びがありました。

インドについて学んでみようと考えている方は、ぜひ今回紹介した本を読んでみてくださいねー!

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はOculusQuestにハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント