第2回: TOEICの勉強を始める前に絶対に必要な意識の変換

3ヶ月でTOEICスコアを200点上げる勉強法

今回は、”TOEICの勉強を始めるにあたって絶対に必要な意識の変換”
ということを書いていきます。TOEICに対する意識の変換です。

スポンサーリンク

TOEICは英語の実力を測るためのテスト?

私が英語の勉強を始めた時、頭の中ではこんなことを考えていました。

「TOEICは英語の実力を測るためテストだから、TOEICのための勉強はしたくない」

TOEICの勉強をする、ということに対して
「それって本当に英語力が身に付くの?」とか「スコアはあるけど英語ができない人と言われたくない」とか
悪いイメージがあったのです。

そんな私の昔の勉強方法は
ネットで調べて見つけた勉強法を組み合わせたものでした。
具体的には、このようなことをしていました。

  • リスニング:podcast等で海外のニュースを聞く。使っていたのはCNN Student News, VOA, NPRの3つです。
  • リーディング:ペーパーバックや、英字新聞を読んでみようと色々探してみるものの、どれも難しすぎて断念。(当時はリーディングスコアが200以下でしたので当然です)
  • 単語:リスニングやリーディングの勉強で分からない単語に遭遇した時に、それを覚えていく

リーディングはともかく(笑)、英語を何とかしようと真剣に勉強方法を考えていましたので、そこまで悪くないスタイルだったと思います。

ただ、TOEICのスコアは全く上がらなかったのです。むしろ下がりました。

思い切ってTOEIC対策に専念した

私は昇格条件のスコアを満たせていなかったのです。
このままではマズイ、、完全に追い込まれましたので腹を括りました。

「もうTOEIC対策に専念するしかない」

そこで、対策本やネットで情報収集を始めました。
特にネットは、何だか変なこと言ってるサイトがたくさんあります。
TOEIC対策への嫌なイメージが蘇りそうになりましたが、そうは言ってられません。

色々と調べた結果、「この人を信じて勉強しよう」と思える方の本に出会うことができました。
それは、中村澄子先生の本です。

中村澄子先生は、雑誌「プレジデント」のアンケートで「信頼できる教材著者」の第1位に選ばれています。
しかも2015年、2016年と連続です。

次回からは中村先生の本を中心に、おすすめの教材と、それを使った勉強方法を書いていきますね^^

まとめ

スコアを短期間で爆発的に上げるには、TOEIC対策に特化した勉強をするのが一番です!!

TOEICを卒業してビジネス英語の力を付けようとしている方が
海外ニュースサイトや英字新聞で勉強するのはOKです。
ただ、TOEICのスコアを上げようとしている人(特に初学者)がこれをやってしまうのは完全にNGです。

確かに英語力は身に付きます。
しかし、遠回り過ぎてTOEICスコアに反映されるまでに時間がかかり過ぎるんです。
するとそのうち勉強が嫌になって、学習自体を辞めてしまいます。

そうなる前に考え方を変えてみて下さい。

TOEICのスコアを上げることは、チャンスを手に入れるための手段です。
そこで得たチャンスで更に英語力を伸ばしましょう!

とはいえ、昔の私のようにTOEIC対策に抵抗がある方は多くいらっしゃると思います。
そんな方にお伝えします。

  • TOEICのための勉強を進める過程で、ビジネス英語の土台となる語彙や文法は身に付きます。
  • 目標スコア達成後にビジネス英語の勉強を続ければ、一度上げたTOEICスコアは下がりません。

この2点は私が実証していますのでご安心下さい!

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はOculusQuestにハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント