台湾で使える レンタルモバイルWiFiルーター iVideo

海外旅行

子連れで台北へ、家族旅行に行ってきました。

そこですごく役に立ったモバイルルーターを紹介しておきます!

スポンサーリンク

台北で通信環境を確保する3つの方法

公共WiFi利用

台北に遊びに行くのであれば、台北市が提供している「Taipei Free(台北フリー)」というWi-Fiサービスが無料で利用できます。
こちらから無料で利用申請ができます。
台北無料公衆無線LAN

【メリット】
 ・無料で使えます!
【デメリット】
 ・Taipei Freeのサービス県内でないと使用できません
 ・レビューを読んでいると速度がやや遅いといった声が多いです

現地SIM購入

台湾ではプリペイドSIMを購入することで、日本から持ち込んだSIMフリースマホを利用可能です。
日本語サポートも充実している中華電信がオススメです。
中華電信(Chunghwa Telecom)

【メリット】
 ・家族それぞれが通信環境を確保できるので、単独公共も安心です。
【デメリット】
 ・家族全員分のSIMフリースマホが必要です。
 ・家族全員分のSIM契約と設定が必要です。

現地モバイルルーターのレンタル

現地でモバイルWiFiルーターをレンタルすることも可能です。
iVideoという会社のルーターが使いやすそうでした。
iVideo

【メリット】
 ・ルーターを1台契約するだけで家族全員がWiFiを利用可能です。
 ・SIMとは違ってAPNの設定も不要です。
 ・SIMフリーのスマホは不要で、普通に日本で購入したスマホを利用可能です。

【デメリット】
 ・家族が別々で行動することがあると、ルーターの持ち主以外はWiFiが使えません。
 ・荷物が増えます。

(参考)日本でモバイルルーターのレンタル

もちろん、日本でモバイルルーターをレンタルすることも可能です。
ただ、上記で紹介した3つと比較すると、少し料金が高くなるので私は検討の対象外にしました。

今回の旅行では、家族誰もSIMフリースマホも持っていませんし、
私と妻の2人が通信環境を確保したかったので、モバイルルーターをレンタルしました。
日本で借りると高かったので、現地でレンタルです。

iVideoについて

予約方法

日本でネットから予約ができます。
あまりにも直前に申し込むと端末が足りないことがあるらしいので、1週間前には予約しておきましょう。
予約はこちらのページからできます。
iVideo申し込みページ

私がレンタルしたのは「CHT WiFiルーター [充電能力強化Ver.] 」
すごいのは以下の点
・台湾で高速ネット4G LTE使い放題
・台湾全域でつながります
・最大使用時間:54時間
・同時接続可能台数:8台
・モバイルバッテリとして利用できます

通信量の制限が無く、最大使用時間が長いので、何も気にすることなく1日中使い倒すことができました。

台湾での受取方法

今回は桃園国際空港 第1ターミナルで受け取りました。
その場合、Hi-lifeというコンビニで受け取ると手数料なども無料です。

正直、場所が分かるか不安でしたが、何とか発見できました。
入国審査、預け荷物の受取を終えて、入国ゲートを出た側の地下1階に降ります。
長ーいエスカレーターを降りたらすぐ右手にHi-lifeがあります!

コンビニの店員さんに「iVideo please」と予約時に届いた「決済完了通知」のメールを印刷した紙を見せると、対応して下さいました。

お店の書面の写真はこちら。

白い袋に入っています。ブツを受け取った気分がしてドキドキします(笑)

袋の中にはピンクのケースが。

この中にモバイルルーターが入っています。

台湾での返却方法

受け取ったHi-lifeで返却します。
最初に受け取った復路の中に、返却用のビニール袋が入っていますので、それにルーターをカバーごと入れて返却すればOKです。
「iVideo return」と言って袋を渡すと対応して下さいました。

まとめ

海外旅行で通信環境が整っていると、ちょっとした調べものや、地図の確認ができるので、安心して旅行ができます。
家族全員のLTE使い放題、日本のスマホがそのまま使えますのでぜひモバイルルーターをレンタルして旅行を楽しんでください。

改めて、iVideoのサイトURLはこちら → http://jp.ivideo.com.tw/

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。最近はOculusQuestにハマっています!詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント