英語のリスニングにおすすめのBluetoothイヤホンはAirPodsに変更!!

3ヶ月でTOEICスコアを200点上げる勉強法

AirPodsを使い始めてから1ヶ月半が経ちました!
いやー、ちょっと値が張るので買うときに結構悩んだのですが、買ってよかった!マジでオススメです!

前までは、この記事で紹介したイヤホンを使っていて、オススメしていました。

英語学習にオススメのワイヤレス(bluetooth)イヤホンはこれ!
リスニングやシャドーイングの勉強をする上で、絶対に必要なものがイヤホンですよね。 みなさん、どんなイヤホンを使っていますか? 私はiPhoneを使って音声を再生していることもあって、 ずっとiPhone付属品のイヤホンを使っていま...

でも今はAirPodsがオススメです!

圧倒的な手軽さ

AirPodsを使っていて「これいいなー!」と思うのはなんといっても使い勝手の良さ
英語のリスニングをするとき、少しでも手軽にイヤホンを付けたいですよね。
具体的には次の3点がとっても便利です。

  • ペアリングがちょー簡単!
  • 耳につけたらすぐに電源ON!
  • 電池切れ対策に片耳ずつ充電が可能!

それぞれ詳しく説明していきまーす!

ペアリングがちょー簡単!

iPhoneを使っているなら、AirPodsのケースの蓋を開けるだけでiPhoneとのペアリングが完了です!
これビックリ!
他のBluetoothイヤホンだと最初にボタン長押しとかしてペアリングが必要ですが、それが不要です!

耳につけたらすぐに電源ON!

ケースから出すだけですぐに電源が入ります!
そして耳につけると音楽が流れ始めます!
そして両耳のAirPodsを外すと電源がOFFになります!
すげーー!!!

電池切れ対策に片耳ずつ充電が可能!

Bluetoothイヤホンで気になるのが充電ですよね。
AirPodsのすごいところは、片耳ずつが単独で起動するところです。
なので、電池が切れそうになったらすかさず片耳分だけ充電(笑)
そうすれば、使い続けた片耳側の電池が切れるころには
充電していたもう片耳側にある程度電池がたまった状態になります!
充電が切れちゃってリスニングできないっ!!ということも防止できます。

欠点を挙げるとすれば

こんなに素敵なAirPodsですが、購入するのにストップがかかる点がいくつかあるかもです。
後悔しないためにも先にお伝えしておきます。

  • 落ちそうで不安
  • フィット感が足りない
  • ノイズキャンセリング機能がない

こちらも詳しく見ていきましょう!

落ちそうで不安

これは買ってから気付いたのですが、たまに落ちそうで不安になるときがあります。
普通に使っている分には気になりません。
問題は冬にマフラーを使うとき。
マフラーをつけたり外したりするとき、AirPodsにあたるとさすがに落ちそうになります。
気を付けて下さいねー!

フィット感が足りない

これはカナル式のイヤホンが好きな方にありそうなコメント。
ピッタリ耳にフィットするわけではないんです。
なので、フィット感を大切にしている人見送った方がよいかもです。

ノイズキャンセリング機能がない

これも上と似たような点です。
なので、音楽をしっかり楽しみたい人には不向きですね。
英語のリスニングに使う分には音質は十分足りてます!

iPhone附属のイヤホンでチェック!

気に入るかどうかの目安にiPhone附属のイヤホンが使えます。
耳にフィットする部分の作りが、附属イヤホンとAirPodsは同じ大きさです。
なので、附属のイヤホンの音質やフィット感に満足しているならOK!
それをワイヤレスにしちゃいましょう!

使い勝手抜群のAirPodsオススメです!
購入は公式のアップルストアでどうぞー!
(Amazonでも売っていますが、アップルストアの方が安かったです。)

The following two tabs change content below.

ぐっちー

大学受験勉強なし、30歳から英語の勉強を初めてTOEIC860点に到達しました。特に初級者~中級者に向けて、TOEICの学習方法をお伝えすることができます。詳細のプロフィールと、当ブログの紹介はこちら

コメント